神職養成講座

古傳神咒《霊符》講座 第五回   ※参加対象:特別上級講座 修了者      » 【 定員となりました
↑PDFで開く
お知らせ&FAX申込み
日 時
平成30年9月16日(日)・17日(月/祝)
午前10時~午後5時 (9時30分集合)
講 師 

 

 

 

 

 

 

 

小松 篤平氏 (こまつ  あつひら)
社家出身の精神心理学者.医学博士.欧州・香港・中国で勤務医として滞在.4年前に帰国後白金メンタルクリニックを立ち上げる.長年のメンタル研究で精神世界の重要性を知り其の本質を神道に求める.更に心療内科領域及び身体科全体を俯瞰し、心と精神世界の関連について故実をもとに研究に邁進.神道行法に其の奥義があると確信し祭式作法や祝詞も息吹の一つと考察.これらを故実に基づき正しく継承することが清祓の原点であるのを知り古文書等の解析を重ね、日本にも独自の霊符があることを発見.その編纂と来歴の研鑚を積み現在に到る.
受講費 

 

 

 

 

 

 

2日間 /10,000円.(昼食はご持参ください) 

▽▽【下記宛お振込みください】

みずほ銀行 横浜駅前支店
(普)口座番号  2625114
にっぽん文明研究所 代表  奈良 泰秀

郵便貯金 総合口座
記号  10210 番号  86331641
にっぽん文明研究所  代表  奈良 泰秀

会 場 都内神社
講習内容 

 

古傳神咒《霊符》の講義と実技
特別上級講座修了者が対象。今回は1日のみの参加も可能です。
持ち物 

 

白衣一式・笏・草履・岩笛・祓詞・大祓詞・筆記用具(特に鉛筆)などを必ず持参してください。
注意事項 

 

*締切り日:平成30年8月31日(金) 定員になり次第締切ります。
1日参加も可能ですが2日分の資料請求される場合別途資料代が必要です。

古神道・神道の教養と、祭式の基本作法習得・見直しの講座

募集対象 どなたでも受講できます、経験・年齢制限はございません。

講座の特徴
・ 少人数制ですので細かい指導を心掛けており、講義中の質問も気軽にしていただけます。
・ 神道を通じて日本の伝統文化や精神を学びます。
・ 指導する作法は神社神道の祭式に準じており、実践的な知識と作法の習得を目指します。
・ 都合で欠席されても振替受講が可能です。
・ 祭式行事には岩笛吹奏を執りいれています、「入門基礎講座」受講時に岩笛1個を進呈。

講座の内容
入門基礎講座・初級講座・中級講座・上級講座・特別上級講座 の 5講座までありますが、 どこまで受講するかは自由に選択していただけます。

次のような方たちが学んでいます!
* 初心者だが古神道・神道に就いて勉強をしたい.有職故実などの知識を得たい
* 清祓や神棚奉斎・地鎮祭・本格的な神道葬祭など、祭式の行事作法を習得したい
* 神社や神道系教団に奉職しているが、基本の行事作法をもう一度復習したい
* 神職養成大学では学べない霊学・神仙道・古史古伝などの基礎的な知識を得たい

《 お知らせ 》

次回からの神職養成講習は「神道神祇本廰」に移行しますが、開催回数が少なく平日通しての講習となり受講日数も増えて授業内容も変わります。( にっぽん文明研究所 事務局 )

 

★ 「入門基礎講座」 ※入門基礎講座のみの受講も受け付けております。

穿孔した岩笛(糸魚川原石)

どなたでも受講できる、神道の精神(こころ)と作法(かたち)を学ぶ講座です。短期間(2日間)ですが古神道・神道の歴史(概要)及び精神と意義、神事に対する心構えを学びます。祭式行事に必要な基本六動作の作法・玉串奉奠作法のほか、祭器具、ご神饌、紙垂の切り方など、基礎的なことを学習します。
当研究所の祭式行事には岩笛吹奏を執りいれておりますので、岩笛1個を進呈します。
少人数制の良さを活かし、そのときの受講生に併せて一部講義内容を追加することもございます。
「入門基礎講座」では、まだ白衣は着用しません、祭式行事作法 では立つ・座る・歩く・持つ・回転する・お辞儀するの神職の基本作法の演習をしますので、動きやすい服に着替えていただいてかまいません、ご自分の白衣をお持ちでしたらご持参下さい。
【 講義内容 】 祭式行事作法:基本作法(六動作)・玉串奉奠.紙垂作成.岩笛吹奏
神道史Ⅰ.古神道・神道概論Ⅰ.神饌・祭器具解説.
★ 「初級講座」

「入門基礎講座」を修了した方のみが受講できます、日程は2日間です。
初級講座からは白衣を着用します。狩猟採集と原始農耕を営んでいた縄文時代以降、稲作文化伝来以前の信仰である古神道、水田稲作と農耕を中心とし、青銅・鉄器など古代金属文化を背景とした弥生文化を嚆矢とする神道の歴史、外来宗教伝来、神仏習合、国学復興、国家神道の形成、戦後の新教派系・神道系新宗教の成立・宮中三殿についてなど学びます。
祭式行事作法では修祓を中心に、神棚奉斎を習得します。併せて狩衣の着用を体験します。
各自で小麻も作成します。
【 講義内容 】 祭式行事作法:基本作法.修祓.有職装束.岩笛吹奏.
小麻作成・祝詞(奏上法:祓詞・大祓詞)Ⅰ.神道史Ⅱ.古神道・神道概論Ⅱ  ほか

「初級講座」を修了した方のみが受講できます。中級講座から本格的に古神道・神道に就いての各論を学習します。『古事記』より祭祀の原点を学び、アカデミズムでは黙殺されている古史古伝なども取り上げます。この講座の祭式行事作法は、清祓祭・地鎮祭を中心に進めます。
神職が学ばなければならないのは「作法」「祝詞」「装束」ですが、祭事に必要不可欠である装束のうち『狩衣・単・奴袴』の着装を実習します。中級講座では神道についての一般常識と行事作法の筆記試験があります。

【講義内容】
 祭式行事作法:祝詞奏上法.清祓祭・地鎮祭.岩笛吹奏
 鯛の結わき方 など
 有職装束Ⅰ:装束 講義及び実技
 神典講義:祭祀成立.古史古伝概説
 神道一般常識・行事作法問題、筆記テスト

「中級講座」を修了した方のみが受講できます。上級講座では、延喜式や古典などから古神道・神道の各論を幅広く取り上げます。祭式行事は、清祓祭・地鎮祭の復習ほか、上棟祭・結婚式などを習得します。また神事に必須条件の祝詞に就いても学習します。有職装束では四季折々の重ね色目を学び、衣冠・小直衣・水干などを着装します。霊学講座では「宮地神仙道の思想的特質」を学びます。この講座では神事を体感するため明治神宮神楽殿で昇殿参拝を行ないます。

【講義内容】
 祭式行事作法:清祓祭・地鎮祭・上棟祭・結婚式・樹木伐採・車両清祓.祝詞奏上法.岩笛.
 祝詞講義:祝詞作文・講読.延喜式祝詞解説
 有職故実Ⅱ:衣冠.
 霊学講座:神仙道概説.
 神典講義:古代神道史.
 「祓の神学」解説 
 天皇御製
 明治神宮神楽殿・昇殿参拝.ほか  

「上級講座」を修了された方のみが受講できます。特別上級講座では更に専門的学習を行います。神事に必須の祝詞作文も学びます。有職装束では、男子は衣冠・直垂、女子は袿袴・十二単を着装します。祭式行事作法は神葬祭を始め、どのような祭事にも対応できるよう祭式作法の完成を目指します。またその期別に選択される『雅楽:実技と講義』、アカデミズムでは無視されている霊学・古史古伝などの講義があります。

【講座内容】
 祭式基本作法:神葬祭
  (通夜祭・遷霊祭・葬場祭・発柩祭・火葬祭・帰家祭・十日祭.五十日・百日祭・式年祭・祭詞奏上法)
 祝詞講義:祝詞作文(病気平癒・車輌清祓 他).神葬祭祭詞
 神葬祭講義:Q&A.現代葬儀事情.神道の死生観
 雅楽講座 (変更有)
 神徳解説.神名一覧講義.  
 中臣祓講義
 有職装束Ⅲ:衣冠/袿袴/十二単衣 他
 大祓詞筆写.
 古史古伝:韓国古代史 他.
 古典講義:神道五部書『倭姫命世記』、延喜式講義  ほか